「ラピュタの島」と呼ばれる遺跡を散策できる島

和歌山県の西に浮かぶ「友ヶ島」には、旧日本軍の遺跡があり、散策できる島として人気です。

外から鑑賞するのも良いですが、遺跡の中に入って少し散策してみるのがおすすめです。中は真っ暗で少し不安になりますが、そのドキドキと、「中は一体どうなっているんだろう」というワクワクが、大人を童心に返らせてくれます。

家族やカップルで島内の遺跡を鑑賞しながらのんびりハイキングするのも良いですし、男性のグループで遺跡の中を散策するのもおすすめです。

【インフォメーション】

友ヶ島

【交通・アクセス】

📍:和歌山県和歌山市深山

🚂:加太港から「友ヶ島汽船」で約20分

🅿️:有(有料)

【料金(フェリー)】

大人:2,200円(往復)

小人:1,100円(往復)

【個人的なオススメ】

・「友ヶ島汽船」は定員100名です。私は出港30分前に行きましたが、既にかなりのお客さんが並んでいました。出港ギリギリに行くと乗れない可能性があるので早めに行くことをおすすめします。

・遺跡散策は足場が悪く、内部は真っ暗です。夏場でも長袖・長ズボン着用、懐中電灯を持参することをおすすめします。

ここまで読んだ。トップに戻る
おすすめ
コンテンツがありません