ぱぱらく.インスタ3.7万人

男性
30代
大阪府
▷家づくり経験談や後悔ポイントを発信💡 ▷毎月7万人に読まれる家づくりブログ運営3年 ▷インスタフォロワー3.3万人 ▷整理収納アドバイザー1級、FP3級

現場監督おすすめ!着工後にやるべきこと7選

現場監督おすすめの着工後にやるべきこと7選 💡①上棟式を行う場合は上棟式の準備上棟とは基礎工事が終わり、家の骨組みを大工さんが屋根まで組んでいく作業のことです。その上棟の日、お昼の時間等に行うお祝いの儀式が上棟式。工務店・ハウスメーカーが主体となって行ってくれるケースが多いので一度確認してみることをオススメします💡 ②職人さんの差し入れ過度にする必要はありませんが、職人さんは基本的に差し入れを持っていくと「良いお施主さん」というイメージを持ってくれます☺️ ③ 上棟までに電気配線の決定(他の仕様は決めている前提)上棟までに電気配線の決定をしましょう。着工までに全て仕様が

HM選び 大事なポイント7選

HM選び大事なポイント7選💡  ①必ず複数の会社を比較すること 複数の会社を検討することで、「そっかこういう考え方も あるんだ」という発見があります。比較をせずに 家づくりをすると、「そんなこと、聞いてなかった・・」 という後悔につながりやすいです💦  ②施工事例を見て、ピンと来るかどうか 個人的には、これがかなり大事だと思います。 ハウスメーカー選びはあくまで家づくりの 手段にすぎません。気になる会社があれば、 実際に建てた家の資料を見せてもらいましょう。  ③価格帯は自分たちの世帯収入に見合っているか お金もやっぱり大事・・・!!いくら良い家を建てても、 住宅ローンが苦しくて毎月不安

古民家フルリノベのメリットデメリット!

◆古民家リノベーションのメリット ①面積に対する購入費が安い 敷地面積に対し、費用が安いです。 ・空き家なので持ち主が手放したがってる ・買い手が多くない なので安く手に入ります💡  ②新築では手に入らない建材が使われてる 古民家の多くは、新築では手に入らない 建材が使われています。「家の価格を安くして、 みんなが家を持てるように」という戦後の政策より前に建てられているので、高い建材が使われているわけです☺️  ③基本的に田舎 古民家の多くは田舎に建てられています。 なので、隣近所への音問題が気になりません。 一番近い隣近所でも10m以上離れているので、 子どもがフルパワーで叫

オール電化と迷う、、ガスのメリット・デメリット

◆ガス併用のメリット ①24時間同じ値段でガスを使用できる 電気料金と違い、時間帯による値段の上下が ありません。日中でも値段を気にせず使用 できることがメリットと思う人が多いようです。  ②都市ガスの利用料金が安い ガスには「プロパンガス」と「都市ガス」 がありますが、都市ガスの使用料金が非常に 安いのです。プロパンガスと比べると、 都市ガスは約2/3程度の金額に抑えられるので、 大きなメリットとなります。  ③設置費用が抑えられる プロパンガスの場合、無償で設置を行いる場合があったり、都市ガスでも設置費用も10万円から20万円とオール電化に比べても安価で設置可能です。  ◆ガス併用のデメリット ①プロパンガスは利用料金が

オール電化のメリット、デメリット!

◆オール電化のメリット ①給湯にかかるお金が安くなる 最大のメリットは、生活に必ず必要な 「お湯」を作り出すコストが抑えられることです。  エコキュートや電気温水器で夜間の電気使用料金が 安いあいだにお湯を沸かし、タンクに ためておくことにより安く給湯できます。  ②基本料金が電気のみの一本化にできる ガス併用の場合、基本料金がガスと電気に 発生してしまいますが、オール電化では電気に のみしか掛からないので月々支払いが節約できます。  ③災害時に強い ガスに比べてライフラインの復旧が早い。 オール電化のエコキュートや電気温水器には お湯が溜まった状態なので、万が一の時もお湯が 使えるのもう

忘れちゃいけない!全館空調のデメリット

①設置費用が高い 一般的な住宅の各部屋に個別エアコンを設置する 場合の費用は約40万円ですが、全館空調の場合に かかる費用は150万円から300万円と設置費用が高いです💦 ②メンテナンスが大変 個別エアコンの場合は、年2回程度フィルターと 内部清掃をすることで清潔に使用することができます。 全館空調は室内の空気を循環させる給排気口の掃除を2週間に1度はこまめに清掃しなければなりません。 ③壊れた時に困る 全館空調の住宅で最も困ることは、全館空調の本体が故障してしまったとき。家全体の空調が止まってしまいます😇 個別エアコンと違い、家電量販店では購入できないので復旧までに時間を要することもデメリットの1つです 少して

唯一無二な全館空調のメリット!

①家のどこにいても快適 運転を行うことでリビング、寝室、子供部屋、廊下まで全てに冷暖房を送ることができるので、家のどこにいても常に快適な気温で過ごすことができます。  脱衣所やトイレなど、通常の住宅ではエアコンを設置しないような場所に空調がいきわたるので、ヒートショックのリスクを減らす役割にもなっています。  ②エアコンの設置台数が少なくて済む  各部屋にダクトや空調システムが繋がっているため、全館空調設備を導入してしまえば、各部屋にエアコンがいらないこともメリットです。  部屋にエアコンがないとスッキリとした印象になり、さらにエアコンの送風音も全く気にならなくなります。  ③実は電気代

そもそも全館空調ってなに?

全館空調についての質問、けっこう多いです。  「全館空調やるか迷ってるのですが、やっぱり快適ですか?」「寒いのが苦手なんですが、 全館空調にするべき?」  こんな質問をよくいただくので、 全館空調について紹介しますね💡  そもそも全館空調って? 「全館」の言葉のとおり、全ての部屋の空調を管理することができるシステムを全館空調と呼びます。  メーカーによって方式は異なりますが、基本的には「換気・冷暖房・空気清浄」といった機能を持つ1台から2台の空調設備を導入し、全ての部屋で24時間快適な空調コントロールをすることができます。  要するに、家中どこでも快適な温度! ってこと!すごい!✨ 

いい土地が見つからない時の考え方7選

良い土地がなかなか見つからない・・・ という質問・悩み相談が多いので、 自分の考え方と経験談をお伝えします💡  ①100点の土地はない 色々と要望があると思いますが、基本的に100点の 土地はないと思っておいた方が良いです。  ②めちゃくちゃ良い土地はまずHMに買われる 一般に売り出される前にHMが買い、 建築条件付き土地として売りに出されちゃいます。  ③要望に優先順位をつける 日当たり良くて角地で広くて安く!とかはムリです どれが最優先か考えましょう  ④いい土地はいくらでもある 焦らずゆっくり探しましょう🙆‍♀️  ⑤土地だけで購入しない 不動産屋さんは土地を売ったら終わりです

もう1回建てるとしても採用する間取り7選

①1階にファミリークローク 2階に洗濯物をしまったり、着替えを わざわざ2階に取りに行くのは本当に大変😭  ②水回りは近づける キッチン・お風呂・洗濯機・脱衣所は近くに。 家事動線が短くてすむし、配管が短くなるので コストも抑えられる🙆‍♀️  ③部屋を作りすぎない 大きな部屋を家具などで分ける事は できるが、2部屋を1部屋にまとめるのは 大規模な工事が必要💡  ④寝室に明かりとりの窓をつける 自然光で自然と起きられる。 目覚めスッキリ!  ⑤リビングは広めに 家具を置くと思ったより狭くなる。 「狭い」後悔ポイント1位はリビングです😇  ⑥客間はいらない そんなに泊まりに来な
 
sharee-spinの画像
「いいね」リストは非公開です
公開しているフォルダはありません